第36回シスメックス学術セミナーでは、「造血・免疫組織はワンダーランド」 ~病理検査と血液検査の溝を埋めるとともに 診断・治療技術の進歩について理解を深める狙い~をテーマに、この分野の第一線でご活躍中の4名の先生方にご講演いただきました。
神戸・東京・仙台・福岡の4会場を衛生中継で結び、活発な質疑応答が行われました。

テーマ
「造血・免疫組織はワンダーランド」
~病理検査と血液検査の溝を埋めるとともに 診断・治療技術の進歩について理解を深める狙い~
日時
2013年6月1日(土) 10:00~17:00
会場
  • 神戸/神戸新聞 松方ホール
  • 東京/品川インターシティホール
  • 仙台/ホテルレオパレス仙台
  • 福岡/JR博多シティ JR九州ホール
神戸座長
独立行政法人 国立病院機構 名古屋医療センター 院長 直江知樹 先生
東京座長
独立行政法人 大学評価・学位授与機構 教授 中原一彦 先生
公開日
2013年9月
質疑応答をご覧いただくには、アイコンをクリックしてください。
講演 内容 講演者 PDF
1 リンパ腫診断における最近の進歩:分類の変遷と分子病態 岡山大学大学院 吉野 正 先生 323k
2 All about my bone marrow pathology: 極私的骨髄病理組織論 名古屋第一赤十字病院 伊藤 雅文 先生 403k
3 骨髄と骨の深い関係:多発性骨髄腫、骨転移の骨微小環境と腫瘍進展 徳島大学大学院 安倍 正博 先生 296k
4 間葉系幹細胞や遺伝子操作Tリンパ球を用いた細胞治療/遺伝子治療の最新動向 自治医科大学 小澤 敬也 先生 527k
TOP