シスメックス学術セミナーとは

「シスメックス学術セミナー」は、弊社が医療への貢献を目的として毎年開催しているセミナーです。
近年、基礎医学と検査医学・臨床医学が接近し、その変化のスピードもますます速まってきております。
そのなかで、当社の事業領域である臨床検査に密接に関係する医学研究をテーマとし、
骨髄の医科学・自己免疫疾患・遺伝子検査・再生医療など幅広い領域からテーマを取り上げて、
今日の医学の進歩を実感いただけるような最新情報の提供に努めてまいります。

参加者の声

  • 形態学に関して、医師の意見だけでなく、検査技師の意見を交えながらディベートをして欲しい。
  • 最先端のセミナー内容でした。毎回、学術セミナーは難しい面もありますが、何かひとつでも吸収できればと参加しています。 今後も最新の情報提供をお願いいたします。
  • 研究内容もすばらしい先生方に加えセミナーのお話が上手な先生で、有益でした。 分かりやすく参加したかいがありました。
  • 閉塞性動脈硬化症、糖尿病、難治性え死などについて最先端の検査、治療についてセミナーして頂きたいです。
  • 凝固止血は現在最も身近な分野なのに、なかなか学習する機会がなく、 今日のセミナーはとても楽しみにしておりましたし、実際に聞くことで新たな知識を得ることができてとても良かったです。 これからも多方面の分野のセミナーや話題だけどもなかなか学習することができない分野でのセミナーなど、これまで以上に期待しています。
  • 興味深い講演内容ばかりで勉強になりました。今後も特にメタボロミクスについて聞いてみたいです。
  • とても興味深いお話がきけました。ありがとうございました。これからも最新の血液学の情報を私達におしえて下さい。
  • 学生ですが、興味ある内容が沢山ありました。今後の勉強に役立てていきたいと思います。
  • テーマの中で最新のお話が聞けるのが楽しみです(難しすぎる時もありますが)
  • 普段ルーチン検査をしていて、形態だけでは限界があるとは思っており形態学に意味があるのかと思うことがありました。 今回の先生方の講演を聞き形態学と遺伝子学は補完し合うものだという鈴木先生のお話に感銘を受けました。 形態学は病型分類の基礎であるということを、また、客観的な形態学を目指していきたいと思います。 2016年?にWHO分類が改訂されるということでSysmexさんにはそれに関する勉強会を分かりやすく教えて頂ければ大変ありがたく思います。 よろしくお願いします。

企画委員会

企画委員長
  • 朝長 万左男 先生 (日本赤十字社 長崎原爆病院 名誉院長)
企画委員
  • 熊谷 俊一 先生 (社会医療法人 神鋼記念会 総合医学研究センター センター長)
  • 直江 知樹 先生 (独立行政法人 国立病院機構 名古屋医療センター 院長)
  • 西川 伸一 先生 (NPO法人 オール・アバウト・サイエンス・ジャパン 代表)
  • 前川 真人 先生 (浜松医科大学 医学部 教授)
  • 村田 満 先生 (慶應義塾大学 医学部 教授)
  • 矢冨 裕 先生 (東京大学大学院 医学系研究科 教授)
顧問
  • 浅野 茂隆 先生 (東京大学/早稲田大学 名誉教授)
  • 池田 康夫 先生 (早稲田大学 特命教授・慶應義塾大学 名誉教授)
  • 齋藤 英彦 先生 (独立行政法人 国立病院機構 名古屋医療センター 名誉院長)
  • 中原 一彦 先生 (東京大学 名誉教授)
お申込み TOP